事前にレーシックの給付金を確認

生命保険や医療保険ではレーシック手術に対して保険金を給付してくれるケースがあります。
そのような場合には事前に手続きを申請しておく必要があります。 ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。
貴方が加入をしている生命保険や医療保険がレーシック手術を保障の対象としているかどうかをまずは確認しましょう。
保険会社の担当者、またはホームページをしっかりと確認して、レーシック手術対象となるかをチェックしましょう。

 

最近では保障の対象外となる保険会社も出てきていますから注意が必要です。
ハッキリとわからない時には、加入をしている保険会社に問い合わせをして詳細を確認しましょう。



事前にレーシックの給付金を確認ブログ:15-3-19

腹筋トレーニングに関する勘違いで、
特に多いのが、腹筋トレーニングを50回や100回など
多くやれば効果的だと認識されていることです。

テレビでシェイプアップに成功した芸能人が
「毎日、腹筋トレーニングを100回やっています!」
なんて言ってたりしますが…

シェイプアップに詳しくない人が見れば、
それが正しいと思ってしまうかもしれませんが、
実際は回数を多くやっても
シェイプアップ効果が上げるワケでないんですよね!

腹筋トレーニングを100回やったとしても
思うような効果を得ることはできないでしょう。

そもそも高回数のトレーニングは
筋肉を鍛えることの論点がズレているからです。

50回や100回など回数を多く行うのは、
筋肉の持久力の向上を目的として行うのが
トレーニング学では基本的なことです。

シェイプアップでは
筋肉を鍛えて代謝が上げ、体脂肪燃焼効果を向上させたり、
身体のラインを引き締めるために筋肉を鍛えます。
このような場合、高回数のトレーニングは適していないのです。

ではどのくらいの回数が適しているかと言うと、
シェイプアップでは15〜20回が適しているのです。

「えっ少なくない!?」と思うかもしれませんが、
筋肉を鍛えるために重要なのは回数ではなく、
筋肉にしっかりと効かすことなのです。

意識を集中して鍛えることで
15〜20回の回数でもしっかりと効かすことができるのです。

大切なのは
「しっかり意識を集中して鍛える」ことです。

1セット15〜20回で行い、
2〜3セット行うのが効果的な
腹周りの筋肉の鍛え方となります。

どんとはれ