まだまだ新しい技術のレーシック

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 視力だけの悩みではなく遠視や近視などで悩みを抱えている人も多くいらっしゃることでしょう。
レーシックではそのような悩みを持っている人も驚きの効果を実現することが出来るのです。
レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

 

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。





インギングはこちら
URL:http://www.luxrous.jp/html/company.html?code=Luxrous
インギングはこちら


まだまだ新しい技術のレーシックブログ:10-7-19

僕には
リウマチを二十才で発病した叔母がいる。

その叔母は父のいもうとで、
僕の記憶にある初対面の印象は、
父が手を貸しながら車から降り、大きな瞳を細くし、
ゆっくりとおだやかに話す、キレイなお姉さんだった。

幼い僕にとって、
キラキラした瞳で誰にでも優しく接する叔母は、
「見て見て、僕のおばさんだよ」と
自慢してまわりたい素敵な存在だった。

だが、歩いて外出することは少なかった。
今思えば痛みのことなど理解できるのだが、
五才くらいの僕にとっては「外に行くのが嫌いなんだ」と思い、
一緒にお買い物に行ったり、遊びに行って欲しかったが
あまり積極的には誘わなかった。

小学生になり、
僕は学校の事などを叔母に語った。
僕のたわいもない話に、
叔母は面倒臭そうな顔一つせず、逆に何十分も話の相手をしてくれた。

そんな叔母が大好きで、
一緒に外出したいと強く感じた時、
僕は質問した。
「どうして外に行かないの?一緒にお買い物に行きたいな!」

すると、叔母は
「あしが痛くてね、長い時間立っていられないんだ、ごめんね…」
と言った。

僕は「ごめんね」と言った叔母に
「しまった、悲しい気持ちにさせてしまった」と感じ、
さみしそうな表情をしていないかと思いながら、
叔母の顔をのぞくと…

叔母はいつものニコニコ顔で、話を続け、
「僕のこの痛みはね、他の人が痛い思いをしないように、
神様が僕だけにくれた痛みなんだよ。
あんたやあんたのおとうとやいもうとが
元気で痛い思いをしないで済むと思うと、
この痛みへっちゃらなんだよ。
だからあんたは僕の分まで元気でいてね!」
と言った。

今から10年以上も前のやりとりだが、
僕にはこの言葉が胸に刻まれている。