事前にレーシックの給付金を確認

事前にレーシックの給付金を確認


事前にレーシックの給付金を確認
生命保険や医療保険ではレーシック手術に対して保険金を給付してくれるケースがあります。
そのような場合には事前に手続きを申請しておく必要があります。 ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。
貴方が加入をしている生命保険や医療保険がレーシック手術を保障の対象としているかどうかをまずは確認しましょう。
保険会社の担当者、またはホームページをしっかりと確認して、レーシック手術対象となるかをチェックしましょう。

最近では保障の対象外となる保険会社も出てきていますから注意が必要です。
ハッキリとわからない時には、加入をしている保険会社に問い合わせをして詳細を確認しましょう。




事前にレーシックの給付金を確認ブログ:06-4-19

よく減量中は
食事の回数を減らしたほうがいい…
と考えている方がいますが、
それは大きな誤解です!

減量中だからこそ、
1日3食食べたほうがいいんですよ!

どうして1日あたりの食事の回数を減らすのが、
減量上よくないのかというと…

例えば、
食事の回数を1日2食に減らしたとします。
こうすると普段より1食少ないので
それだけで痩せた気になります。

しかし実際は
他の2食の食事量が多くなってしまったり、
1食抜いた安心感から間食をしてしまったり…
結局は1日トータルの摂取カロリーは
普段より多くなってしまいがち…

また、
1日の摂取カロリーが一緒なら、
2食よりも3食で摂取したほうが
体脂肪ははるかにつきにくいといわれています。

それは
食事と食事の間があくと、
体質の中に栄養分を蓄えようとするからです。

つまり、
食事が不規則だったり回数が少ないと、
いつ次に栄養を摂れるか判らないと判断しているんですね。

なので、
1日1800カロリーなら、
900カロリー×2食で摂取するよりも、
600カロリー×3食で摂取したほうが
体質に脂肪がつきにくいってことになるわけです。

「朝はどうしても食べる気にならない」っていう人も、
ヨーグルトやシリアルといった軽いものでいいので
食べるようにしてみてくださいね。

こうするだけで、
体質に脂肪がつきにくくなるので、
結果として減量も上手くいき、
リバウンドの反動も少なくて済みますよ!

朝、少し早起きをして
ライスを食べるようにするだけで、
減量の成功率がアップする上に、
1日をスッキリした気分で過ごす事が出来るなんて
まさに一石二鳥ですよね!


事前にレーシックの給付金を確認

事前にレーシックの給付金を確認

★メニュー

レーシック治療の実績数は要チェック
これからは裸眼で快適に生活
レーシックはどのように行われるのか
割引制度を利用してレーシック手術
レーシックの安全性は非常に高い
手術なので確実に成功するとは限らない
何よりもクリニックのサポート体制に注目
日帰りで出来るレーシック手術
まだまだ新しい技術のレーシック
事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)普通に裸眼で見えるようになるレーシック