まだまだ新しい技術のレーシック

まだまだ新しい技術のレーシック


まだまだ新しい技術のレーシック
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 視力だけの悩みではなく遠視や近視などで悩みを抱えている人も多くいらっしゃることでしょう。
レーシックではそのような悩みを持っている人も驚きの効果を実現することが出来るのです。
レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。




まだまだ新しい技術のレーシックブログ:14-6-19

夕方食後、数時間経って、
寝る前にトレーニングするのは、ダイエットには逆効果です。

もちろん、
トレーニングすることによってカロリーが消費されますから、
トレーニング後何も食べないのであれば
理論上、痩せる可能性はあります。

しかし、これはそもそも、
「ダイエットしなければならないほど太っている人が持つ食欲」
を無視したやり方です。

なぜなら、
寝る前にトレーニングすると
交感神経が刺激されてしまい目が覚めてしまうことと、
トレーニングによる空腹感によって、
深夜に空腹を満たすため食べてしまうという
ダイエットにとっては
最悪の事態を起こしてしまう可能性がかなりあります。

数日ならば寝る前にトレーニングしても
何も食べずに過ごせるかもしれませんが、
そんな苦行のようなダイエットはいずれ破綻し、
ストレスによって暴飲暴食をしてしまう日がいつか来ます。

読者様は、こんな経験がありませんか?
トレーニングした後、寝ようとしても寝られず、
深夜に起きだしてとんこつラーメンを作ってしまったり、
コンビニにおやつを買いに行ったり…

ダイエット中は、
深夜に食べるのは厳禁だとわかっていても、
食べてしまう…そしてまた太る…

「寝る前にトレーニングしたら痩せる」という方法論に
食欲の概念が無視されているために起る悲劇ですね。

ダイエットの基本が食欲の抑制であると考えるなら、
夕方食をとってから数時間後、
寝る前のトレーニングは行ってはいけないのです!

「寝る前にトレーニングなどせず、ウエストが減ってくる前に寝る」
これを心がけることが必要なんです。

この食欲を抑えるダイエット方法を続けていると、
自然に早寝早起きになってきますよ。
まだまだ新しい技術のレーシック

まだまだ新しい技術のレーシック

★メニュー

レーシック治療の実績数は要チェック
これからは裸眼で快適に生活
レーシックはどのように行われるのか
割引制度を利用してレーシック手術
レーシックの安全性は非常に高い
手術なので確実に成功するとは限らない
何よりもクリニックのサポート体制に注目
日帰りで出来るレーシック手術
まだまだ新しい技術のレーシック
事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)普通に裸眼で見えるようになるレーシック