日帰りで出来るレーシック手術

レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。 最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。
手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。

 

現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。





川元弓子のコツ
URL:http://scouter.geo.jp/li/uranai2.php?mr=389&nr=1799&ms=12982&np=23&mq=-90-EC-96-7B&nq=-8B-7C-8Eq
川元弓子の最新情報


日帰りで出来るレーシック手術ブログ:02-4-19

減量をしようと考えている読者様、
もしかすると減量というのは、
特別なことだという感覚を持っていませんか?

食事制限をするとか、
体操を毎日やらなきゃならないとか…

しかし
普段の行動をきちんと行うことによっても、
減量に一定の効果が期待できるんですよ。

例えば、歯磨きをすること。

歯磨きと減量…
一見すると「?」な関係のように見えますが、
この両者には意外と強い結びつきがあるのですよ。

読者様は、食事をした後に歯磨きをしていますか?
24時間に一回しか歯磨きをしないということはありませんか?

そこで、あたくしが提案したいのは、
毎食後に歯磨きをする習慣を身につけてみませんか?
ということです。

歯磨きする程度なら、
別につらい減量とは言えませんよね?

例えば…
夕方食を食べた後、
「今日○○を買ってきたんだけど食べる?」
なんて兄から言われたとします。

もし、大好きなスナック菓子ならきっと
「食べる!」と言って食べてしまうでしょう。

ところが
歯磨きをする習慣がついていたらどうでしょう。

せっかく歯磨きをしたのに、また歯を汚すようなことは
正直したくありませんよね?

食事をした後に歯を磨く習慣をつけておけば、
スナック菓子を食べた後に、
また歯を磨かなければなりません。

これってちょっと面倒ですよね?

だったら
「今日はいいや、1日後の朝にでも食べることにしよう」
って思うのではないですか?

これだけでも、
以前なら食べていたスナック菓子の分のカロリーを
カットすることにつながっていくんではないでしょうか?